ホームへ戻る 群馬産業技術センター 東毛産業技術センター

センターへのアクセス
(地図・交通案内)

[サイトマップ]

ホーム センター案内 技術相談 試験・分析 機器・施設利用 研究の実施 研修・セミナー 情報提供 関連機関

機器情報 詳細

機器検索:
当センターが所有している主要な機器を表示・検索することができるページです。
右上の「機器検索」入力ボックスにキーワードを入力し、
「機器検索」ボタンをクリックすることで、キーワード検索も行えます。

恒温恒湿室

お知らせ
■ 100V電源について (2009-01-09) ■
ご要望の多かった恒温恒湿室内での100V電源が利用できるようになりました。
100V電源は、恒温恒湿室の壁面にあるコネクタからマルチタップ(3P式7個口)からとることができます。(一つの電源タップで合計15Aまで)
このマルチタップを2つ用意しましたので、ご利用下さい。ただし、高温高湿の状態ではご利用できません。
なお、200Vについては、これまでどおり配電盤をご利用下さい。

■ 200V電源について (2008-07-07) ■
200V電源が使用できるようになりました。
各種測定機器等を持ち込みでお使いになりたい場合、電源は100V、200Vがご利用いただけます。200V(最大5.5KWまで)をご利用の場合、200V用の各種コンセントから電源をとれるようになりました。(写真参照)
万一、ご希望の使用機器のコンセントが合わない場合には、端子台から直接電源をとることができます。
名称恒温恒湿室
メーカーエスペック
型式TBE-4HW4P4C
仕様ビルトインチャンバー
温度範囲:−40℃〜+80℃
湿度範囲:10〜95%RH
※ ただし、湿度も制御するばあいには温度範囲に制限が生ずる場合がある。

温度下降時間:+20〜-40℃まで180分以内
温度上昇時間:+20〜+80℃まで60分以内
試験室内寸法:W 4070×H 2100×D 1970mm
ケーブル孔:φ5cm
サイクルモードでの運転:可能
用途 大型機械など通常の恒温恒湿器に入らない大きさの供試品の試験、特定の温湿度環境下で人が直接機器を操作するなどの試験を実施するための大型環境試験室です。

・大型の製品への温度試験
・製品、大型の試料を一定温湿度に曝します。

【注意点】
 試験温度領域で化学変化や熱変化を起こし腐食性ガス、毒性ガスを発生するものは測定できません。
 測定者が室内に入る場合には、2名以上で作業し、少なくとも1名は室外で安全に配慮する必要があります。
分類環境試験に関する機器
購入年度2003年度
設置場所東毛産業技術センター(太田)
補助事業名その他